カテゴリ:旅 / 温泉( 2 )

2012年 03月 18日
arcana izu
c0188261_10135627.jpg
河津桜が満開の3月中旬。
5年振りに修善寺「arcana izu」に行ってきました。
2007年に訪れた時、”家を建てるならこういうイメージ”という確固不動な思いを植え付けられた場所。
5年経ってその思いはどうかな?と思ったけど、やっぱりここは良かった。
普通にシンプルな空間なんだけど、なんか落ち着くし好きなんだなぁー。
温泉旅館に行くというのにメジャーとノート持参で伺いました!

早朝に家を出発し、まずは沼津港へ。
c0188261_10313842.jpg
11時だけど夜の事を考えて早めにお昼ゴハン。
「かもめ丸」でお寿司!

渋滞中に「柿田川湧水群」の看板を見かけたので、宿に向かう前にちょっと寄り道。
c0188261_1114787.jpg
公園の中はプチ上高地みたいな雰囲気。
空気がここだけなんだかちょっと違うような♪にしてもあったかい!暑いくらいで、本当に温暖な地域なんだなぁ、と実感!
c0188261_1121120.jpg
すごく澄んだ水。美しかった〜。
街の中にこんなにきれいな水が流れているとは!心まで清らかな気分になれた、かな?
それでは、宿へ。


チェックインの15時ぴったりにarcana izuに到着。
ササッとスマートなお出迎えを受け、車を預けたらそのまま本日のお部屋へ通されます。
c0188261_11435239.jpg
エントランスの裏側。
RC構造のプランの際には、この杉板張りRCに憧れてたなぁ〜(笑)
c0188261_11454037.jpg
夕食、朝食をいただくダイニング「Lumiere」。
c0188261_11472535.jpg
本日のお部屋は09。
c0188261_1151310.jpg
前回と同じタイプのお部屋。
前回は大嵐で外の景色もとても眺められるものじゃなかったけど、今日は景色を楽しめました。
はぁ〜、落ち着く空間。
ソファに腰掛けてここでチェックイン。

c0188261_11543061.jpg窓際から穏やかな渓流が眺められます。
3月なので木々はまだまだ寂しい感じ…。
このリビングからの木々の眺めに憧れて、そんな土地を探したんだったなぁ。。

c0188261_11584495.jpg
冷蔵庫などが収納されているチェスト。
このなんとも言えない、ちょっと懐かしい匂いも感じられる室内インテリアが前回も好きだったけど、やっぱり今でも好きだ!
ちなみに「graf」が内装インテリア監修をしたそう。

c0188261_12151410.jpg洗面室と露天風呂。
以前はなかった簾が気になるところではあったけど、気持ちの良い明るいスペース。
この一連の流れも家づくりに参考にさせていただいております。
こうして考えるとarcana izuから色々とパクリ参考にさせてもらっているなー(笑)

c0188261_1229586.jpg滞在中何度も浸かったお風呂。
ちょっと私には深めだけど、石の質感が気持ち良く、湯温もちょうど良い。
最高のリラックス空間だぁ〜!


夕食まではお風呂に入ったり、読書したり、音楽を聴きながら2人でなぜか絵を書いたりとのーんびりと過ごす。テレビがないのも良いもんだ!

ダイニングに移動して夕食。
贅沢食材を充分に味わえ、ワインもすすむし至福の時。
しっとりとした落ち着いた空間で、2時間半とたっぷりと時間をかけてフルコースを堪能させていただきました!

お部屋に戻ると、夜用の照明にチェンジされスイーツが置いてありました。
さっき散々食べたのに、またまた飲みながらつまむ。
そんなこんなで夜も更けてったので、おやすみ。


翌日の目覚めもとっても良く、朝食の前にまずはお風呂。
12時チェックアウトなので、せっかくだしそれまでたっぷり過ごすことにしました。

c0188261_1353171.jpg
「アルカナ遊園地」と名付けられた朝食。
こちらの写真の他にもなんだかいろいろ出てきて、とっても贅沢な朝食!
朝からこんなキレイ色の食材を沢山いただけて、嬉しいなー。

c0188261_13551716.jpg
シェフみずから描いたという絵でのメニュー。
”お料理の上手な人は絵も上手!”っていう私の勝手な思い込みはこの日も当たったのだった…。


癒されまくった2日間。
家づくりのお手本となった思い入れのあるお宿。またいつかお金を貯めて訪れたいな!
[PR]
by fumi-toco | 2012-03-18 23:00 | 旅 / 温泉

2009年 11月 23日
お気に入り宿のお風呂インプレ
温泉が恋しい時期になってきました。
家を建てる事になってからは一度も行けていませんが、温泉大好きな私たち。
大浴場に堂々と入るのは2人とも緊張して逆に気疲れするので、露天風呂付部屋がある宿に行きがち‥。
ずっとまとめてみようと思ってたので、この機会にお気に入り宿のお風呂インプレを。

まずは、純和風宿のお風呂からご紹介。
c0188261_9523872.jpg
左上:温泉山荘だいこんの花。高級宿という訳ではないですが、お部屋は離れになっているし、貸し切りのお風呂も素晴らしかったし、いいお宿でした。ただ、夕食は野菜だけを使ったコースだったので、さすがにお肉が欲しかったです‥‥。
右上:扉温泉 明神館。部屋の選択を誤ったのか、部屋付露天風呂はちょっと残念な感じでした‥。でも!それ以外はとってもお気に入りとなっているお宿。夕食がとっても美味しかったです。この時はイチジクと鴨のお料理が絶品でした。貸し切り状態で入れた、立ち湯も素晴らしい〜。
左下:森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷(写真は行方不明なので、HPから拝借)。可愛らしい純和風のお宿。部屋露天は小さめですが、海を見渡しながらの入浴は印象的!お料理は伊豆らしく魚介がメイン。貸し切り風呂には自由に飲める瓶のコーヒー牛乳がストックされていました。こういうの嬉しい♪
右下:柊家別館(写真は撮ってなかったので、HPから拝借)。京都らしい数寄屋造りのお宿。部屋にお風呂はなかったです。部屋の坪庭を眺めながら夕食をいただき、私たちも大人になったなーって初めて思ったんだっけ(笑)老舗旅館デビューでした。
c0188261_10152142.jpg
左:谷川の湯 あせび野。露天風呂付客室にハマるきっかけとなったお宿。こっちは露天風呂付客室デビュー(笑)実際、この宿を皮切りに露天風呂付客室のお宿って増えていったと思います。
右上:修善寺温泉 湯回廊 菊屋。唯一リピートしたお宿。目的は夕食(笑)ボリューム満点なのに、夜10時からは夜鳴きそばもいただけるんですよ。写真は離れの部屋風呂で、かなりゆっくり寛げます。
右下:旅館こうの湯。このお風呂、部屋付の露天風呂です。大浴場並みの大きさ!看板に、一番深い所で150cmあります、って書いてあります。わたしの身長、154cmなんですよね‥。溺れるってば‥。竹が横に渡してあるけど、それに掴まって入っても溺れるってば‥。ちなみに、夕食に初めて食べた馬刺が絶品!!熊本の馬刺って美味しいのね〜。

ここからは、比較的記憶に新しいお宿をご紹介。
部屋・お風呂が素晴らしいのにプラスして、夕食が超絶品なお宿でした。
c0188261_13152966.jpg
星のや 軽井沢。
お風呂はコンパクトですが、非常に居心地の良いお部屋でした。お風呂には確か菖蒲が入れてあったような‥。川沿いのお部屋はバルコニー越しに向かいの部屋が気になりそうだったので、山側のお部屋を希望。テレビのない寛ぎの部屋でゆったり。この洗面室、なんか好きです。個々の配置バランスと色合いがいいのかな〜。右上写真のレストランで夕食。
c0188261_13411368.jpg
山荘 無量塔。
埋もれるタイプの石造りお風呂が非常に良かった。窓を開けて入った時の目線が落ち着きます。とにかく広々とした離れの部屋。右下写真の部屋の2階にこれまた広いベッドルームが存在します。イブ・コフォード・ラーセンの赤い椅子が印象的。部屋の和室でいただく贅沢な夕食も最高でした。
c0188261_1357228.jpg
界 ASO。
この時は奮発してBタイプのお部屋を希望。プライベート別荘にいるかのような気分を味わえます。完全に日常から解放されました。部屋付露天ではダントツなクオリティーです。
内風呂もとにかくゴージャス♪随所に家づくりの参考になる部分が見られました。
c0188261_17283435.jpg
arcana izu。
旅館というよりリゾートホテルのような作り。この日は台風真っ直中だったので、希望していた部屋から、レストランに近い部屋に変更されてしまいましたが、こちらも十分なお部屋でした。そして、このお風呂のイメージ、今私たちが望むお風呂のイメージに一番近いです。矢作さんにも強引に見ていただいたっけ‥(笑)夕食も素晴らしかったですが、朝食の自家製パンが選び放題な上に、食べきれなかった分は包んでくれ、持ち帰らせてくれるという温かい心配り。お土産のお菓子詰め合わせがあったりと、とにかくセレブ気分を味わえるお宿でした。
c0188261_17285225.jpg
那須高原の宿 山水閣 別邸回。
こちらにもイブ・コフォード・ラーセンの椅子が。部屋は和室以外にツインベッドルームがあります。
この浴槽、写真で見るより実物はかなり大きいです。洗い場も広々としてて、とっても贅沢ないいお風呂でした!そして、洗面室のタオルウォーマーが気になる、気になる‥(笑)ちょっと憧れます。
那須牛の豆乳しゃぶしゃぶなど豪華な懐石料理も美味しかった♪


こうして記載してみると、なかなか豪華なものでした。
これだけの旅費を建築費に充てていれば‥(汗)、という気持ちにも多少なりましたが、ま、旅行は私達の共通の趣味なので家を建てる前にいろいろ行けて良かった!ということにしておきましょう(笑)
若いうちに遊べ!が会社のモットーだったしさっ!!(必死に自己暗示‥)
この体験を活かして、家のお風呂づくりには自然と力が入りそうです‥。矢作さんにもしつこいくらい毎度アピールしまくり(笑)

そしてそして、来月、久々に温泉に行きます。もう中毒が出てダメ‥。
だからといって、とてもこんなセレブ旅館には行けませーん(泣)
コッテコテの温泉旅館です!浴衣に卓球系じゃい(笑)でも部屋付露天は辛うじて維持!!
[PR]
by fumi-toco | 2009-11-23 23:18 | 旅 / 温泉