カテゴリ:旅 / アムステルダム( 1 )

2010年 06月 25日
今年もアムステルダムへ
c0188261_18543356.jpg
あくまでも仕事がメインの旅へ1週間ほど出かけてきました。

行き先はオランダ、アムステルダム。5度目だって…。
行く前は、もうそろそろときめく事もないだろうと思ってました。でも、毎度帰りには見事に虜になっている
アムステルダム。そんな街ってそうそう出会えないでしょう。
今回は、ちょうどのタイミングでW杯が開催中って事もあって、街も人もオレンジがいっぱい!!
完全なるawayの中、日本vs.オランダを昼間っから特設バーで観賞するという貴重な体験もできた!

c0188261_18553173.jpg
このサッカーボールの下にある特設バーで、5ユーロのビール片手に大勢のオランダ人に混じりサッカー観戦!
前半は0-0だったので、私の居場所はまだ確保されたまま。
「日本なかなかやるじゃん」みたいな事言われ、ちょっと嬉しかった!
後半惜しくも1点入れられた時は、もうとにかく街中からサラウンド状態で大歓声が聴こえる。
私は熱狂的なサポーターでもないのに、じーんと泣きそうになった‥。
でも、1点で抑えプレー自体も良かった日本をみんな感心しているようだ!
その後も、街、タクシー、スタジオでもサッカーの話題で一緒に盛り上がれたのは楽しかったなー。

サッカー観戦の後は、少し街をブラブラ。ハイシーズンなのもあって人がいっぱい!
写真を撮ろうにもオレンジの人がとにかくフレームに入ってくる!ノーマルな写真も欲しいのに…。
オレンジの人が写っていない、普段のアムス風の写真をセレクト。
この街の自転車にまたがる女の子達に、同性ながら目を惹き付けられまくり!


c0188261_18554830.jpgスタッフの顔合わせでもあったこの日のディナーは、ミュージックヘボウにあるSTAR FERRYという湾に面したナイスなダイナーにて。
日本語と英語を普通に話せるスタッフは1人で、あとはみんな英語のみ。
どっちも話せる唯一のスタッフも毎度通訳している訳ではないので、ほとんど自力で会話をしなくてはならない‥‥(汗)
演奏の細かいニュアンスって英語だとすごく難しい!日本語でも苦労するのに!!





楽しい食事の後は、現地スタッフが手配してくれたコンサートへ。
ミュージックヘボウの中にあるコンサートホールで、Efterklang + Metropole Orkestの演奏を聴く。
アンビエントのようなラウンジのような、不思議な世界観のサウンドであった。
DTMバンドの方はデンマークからの海外初進出だったそう。
満席な上にラストのスタンディングオベーション、大成功なようでした!

ミュージックヘボウは、デンマークの建築事務所Nielsen,Nielsen&Nielsen(3×N)設計。

スタジオ入りまでの空いた時間を使って、街を散策したり。

c0188261_18565644.jpgオレンジのライオン旗も至る所で発見するけど、こちらの→W杯出場国の国旗も沢山見かけました。
日本でやったらなんか安っぽくってミスマッチ感があるけど、アムステルダムだと絵本の中みたいに見えちゃうのは私だけ??

郊外にある大型家電屋さんにも出かけました。
ありえない価格に、日本でどんだけ高く売られているかを知り少しショック!
c0188261_18562092.jpg
ミーレ、AGEなどの洗濯機がズラリ。ニヤニヤ顔の東洋人には誰も店の人は話しかけてきません。
冷蔵庫、クッカー、掃除機などお馴染みのあの商品が、高くても10万円ちょっと、年代が少し古いものは
4万円くらいで販売されていました。あぁ、すぐ使えるなら送ってしまいたい‥‥。


写真は変わって、アムステルダムの夜を‥。
c0188261_18563639.jpg
アムステルダムって昼間もいいけど、夜の方が雰囲気があって素敵だと思います。
ぷらっと入ったバーでは、女の子達のバチェラレットパーティーが行われてて、すっごく盛り上がってた。
とにかくバーがどこもいい感じで、雰囲気もいいしビールも美味しいし、幸せ〜な時間。
c0188261_18571219.jpg
運河沿いのバーやカフェはとにかくオススメ!

そして、先述のとおり、街を行き交う自転車の女の子達が何でかかわいいのです。
スタッフの方も、アムスの女の子っていっつもニコニコしてて、フェミニンでカワイイよね〜、って嬉しそうに
話してたけど、ホントそう思うわ。。。
c0188261_18572539.jpg
c0188261_18573860.jpg
c0188261_0373260.jpg


さて、ラストは仕事風景をパチリ。
c0188261_1857533.jpg

詳細は書けませんが、数日間に渡り40人編成オーケストラを録音してきました。
自分の曲をオーケストラが演奏する。そんな仕事なんだから当たり前っちゃーそうなんなんだけど、それでも
指揮者の横で演奏を聴かせてもらう事は、何度体験しても涙が出るほど感動します。
もちろん、曲<演奏で!!

ハードな1週間ではあるけど、帰る時はスタッフの誰もが淋しそう。
私も帰りの飛行機ではいつもシュンとしてしまいますが、また次も弾けようね!の言葉を糧にまだまだ頑張りまーす!
[PR]
by fumi-toco | 2010-06-25 18:50 | 旅 / アムステルダム