カテゴリ:旅 / 長野( 2 )

2010年 09月 01日
長野へ:安曇野〜扉温泉2日目
c0188261_2337293.jpg
2日目。昨夜は雨が降っていたけれど、起きてみれば今日も快晴!

さて、チェックアウトを済ませ、午前中は安曇野へ行ってみることにしました。
車でまわるのもいいけど、せっかくだからレンタサイクルにでも乗ってみるかってことで!
しなの庵というレンタルショップに車を預けてママチャリをゲット! おぉ〜、3年振りの自転車だー。

c0188261_23383523.jpg
麦わら帽子とサイクリングMAPを借りたので、それに従ってサイクリングスタート。
穂高神社〜赤い下駄が目印の東光寺〜稲が輝く田園の中をママチャリでのんびりと‥。

c0188261_23395520.jpg
大王わさび農場に到着!
今日は何となく水車小屋の水が淀んでる‥? 前回がかなり美しかったので期待してたんだけどな。

c0188261_23402094.jpg
農場の水辺を行くクリアボートを発見したので、早速乗ってみました!
先導する係の方が、今日は川の上流で草刈りが行われていて、それで水が少し濁っていますね、と。
そういう事だったのかー。でも、十分きれいでしたよ!

わさび田の中は、アスファルトの熱気を感じることもなく(この日の安曇野は36℃!!)、快適!
湧き水に足をつけて休憩したり、わさびソフトを食べたりして、ますますクールダウン。
帰りに生わさびを購入してから、再びサイクリング開始! 

帰りは、穂高川の土手をずーっと進む1本道。
涼しい風の中を爽快に走り、お世話になったママチャリを返却。
このレンタサイクル、借りて正解でした。すっかり楽しませていただきました!

車をひろって、お昼ごはんのお蕎麦を食べに安曇野の南方面に向かいます。

c0188261_23411167.jpg
有形文化財に指定されている古民家を利用したレストラン「蔵久」。
敷地の中には、お座敷タイプのお蕎麦屋さんとオープンカフェの2タイプのレストランがあります。
庭園を見渡す大広間でいただくお蕎麦はとても美味しかった。本場ですものね〜。
自然の風と扇風機だけでも十分涼しい日本建築。


近くにある老舗のお菓子屋さんでお土産を購入し、宿へ。

c0188261_23421520.jpg
チェックイン時刻ぴったりに到着!本日の宿は扉温泉「明神館」です。改装された際に訪れたので6年振り。
丁寧なお出迎えを受けた後は、重厚なソファに腰掛け、ウェルカムドリンクをいただく。

ロビーの感じとか忘れちゃってたけど、やっぱりこの旅館いいな!!
特にこれらのパプリックスペースが落ち着く。部屋よりここにいる方が好きかも。
夕食前には、シャンパンやワインのサービスもあり、淹れたてのコーヒーがいつでも飲めるのも嬉しい♪
チェックアウトの際には、自家製ぶどうジュースがサーブされていました。

さて、お部屋へご案内。
今回は特別良い部屋を予約しませんでしたが(予算が厳しい〜!)‥‥、

c0188261_23423482.jpg
案内されたお部屋は、炭酸泉のお風呂付きのお部屋だそうで!?
さりげなく「お部屋をアップグレードさせていただきました」と。
私も「そうですか!ありがとうございます!」なんてさりげなく返したけど、内心は‥、
"うそ!?いいの??いいの??やったー!!"ってな調子でした(笑)

煎茶とお茶請けを出していただき、暫し部屋で寛ぐ。
このお部屋も広くていいけど、先に予約していたお部屋は景色が良いので、そっちも見てみたかったな〜。

さ!人が少ないうちにお風呂に行きますか!(カメラ持って…)
結局部屋のお風呂は夜に1度ちょこっと浸かっただけ(汗) それ以上に、この宿の温泉は素敵です!

c0188261_23431056.jpg
真っ先に向かったのは、立ち湯。
  貸し切りだったので、まずは写真撮影を‥!その後、どのお風呂も上手い具合に貸し切り状態。
その名の通り、立ったまま入れる温泉。この景色、最高です!来て良かった‥(涙)
c0188261_2346962.jpg
こちらは、寝湯。(写真は男湯の方です。)
翌日、朝食の前に行ってみました。
寝湯いいな!朝だからかちょっとだけぬるめで、いつまでも入っていられる。はぁ〜、癒されているよ‥‥。
c0188261_23463879.jpg
こちらは、大浴場。脱衣所が広い! 雰囲気も良く、好印象のお風呂。
湯上がりのソファスペースも男女の待ち合わせスペースっぽくなってて、有り難かった!
c0188261_23473958.jpg
最後に、露天風呂。玄関を一歩出た場所にあります。
この露天風呂、難なのは基本混浴ってところ。
女性専用時間もあるけど、ちょうど夕食時間とバッティングしちゃうし‥。
混浴だからか、いつ行っても誰もいない。だから入っちゃってもいいんだけど、でも‥、勇気いりますよね‥。


立ち湯の後は、夕食の時間までロビーで食前のシャンパンをいただきました。
懐石、モダン和食、フレンチの中から選択でき、食事をする場所もそれぞれ別々の場所でいただきます。
今回はフレンチを選択。


c0188261_23501647.jpgテラス席につく事ができました。
景色の良いテーブルは、予約とかはなく先着順で埋まっていくそう。

フレンチは3テーブルしか、ナイスな席がないので激戦だなぁ(笑)

期待大のディナーは、やはり素晴らしかった!最強!!
c0188261_23503533.jpg
    ・とうもろこしのクリームと牛乳のムソーズ
    ・地野菜
    ・信州サーモンのスモーク
    ・新玉葱のスープ(ケンさん)、県内産トマトのクリアースープ(わたし)
    ・帆立のパントースト
    ・信州牛のミルフィーユ、赤ワインソース(ケンさん)、地鶏のソテー、魚介ソース(わたし)
    ・お口直しの杏子シャーベット

信州ワインをいただきながら、田邊シェフのオーガニックフレンチを味わわせていただきました。
自分の中では、旅館お料理部門第1位を差し上げたいです。
前回もそう思ったけど、ここのお料理はかなりレベル高いと思います。
あと、パンがすごく美味しくて、あっちの席でもこっちの席でも皆さんパンの事を褒めまくり!
訊いてみたら譲って下さるという事だったので、購入させていただきました。


c0188261_23505621.jpgそして、デザートのブランマンジェと
メロンのスープ。

そうです。
今回のこの旅は、結婚記念日も兼ねて…だったのです‥。
この手の演出、ちとくすぐったい(笑)
前回の記録が残ってたのかなぁ。

とにもかくにも10年目突入しました。
はやいなぁー。


食事の後に、もう1度お風呂に行ってからおやすみなさい‥。

c0188261_2351332.jpg部屋に戻ると、このようなお夜食の味噌おにぎりが。
このおにぎりがある事を一番覚えていた食いしん坊のわたし‥。
さりげない心遣いが嬉しい気のきいたお宿です。

[PR]
by fumi-toco | 2010-09-01 23:00 | 旅 / 長野

2010年 08月 31日
長野へ:上高地〜松本1日目
c0188261_13302884.jpg
夏休み第2弾、2週目は小旅行へ。
行き先は長野。”上高地〜扉温泉”がメインの旅!
上高地は3年前、扉温泉は7年前に訪れていて、今回はリベンジ&リピートの旅となります。

初日は、上高地へ。
3年前に訪れた時は、思いっきり超悪天候とぶつかり、清水屋ホテルに泊まっただけで、殆ど散策する事も
なく、翌日朝一で強制下山となり、悔しい思いをしたもんです。
という訳で、いつかリベンジしようと思ってたのです。今回はお天気良好のようで期待大!

6:30に家を出発し、11:30頃沢渡到着。5時間のドライブは長かった…。

マイカー規制があるので、沢渡でマイカーを置いてかなくちゃいけません。
前回パーキングにある食堂で食べたソースカツ丼が絶品だったので、また食べよう!って事でお昼着に
計画したのに、今日は平日だからかやってなーい!
仕方ないので、お腹をすかせたままバスに乗り込み、上高地へ。

上高地に到着したものの、お腹空き過ぎなので、まずは飯!飯!って事で、レストランに直行!
五千尺ホテル内の「河童食堂」にて、ご当地グルメの山賊定食なるものをいただきました。

c0188261_16283270.jpg
さぁ、お腹も満たされたので、ハイキングへと向かいます!
今回は、河童橋〜明神橋の往復コース。所要時間は2時間です。
清らかな水&おいしく澄んだ空気が疲労感漂う体に本当に心地いい〜。呼吸を意識しながら歩きます。
写真はビールではなく…、100%絞りたてのリンゴジュースです!

c0188261_13305080.jpg
透明度の高い川なので、水草がとってもキレイ。
自然の癒しの力を感じます。ぼーっと無心にいつまでも眺めていられる‥。
c0188261_20572494.jpg
川沿いの森の中を1時間程歩いて、やっと折り返し地点、明神橋に到着!
軽めのトレッキングとは言え、日頃の運動不足もあってまあまあ疲れます。でも、それが気持ちいいんだけど!
梓川の水量がこのカラッカラの気候のせいか、パンフに比べるとかなり少ないようだ‥。

c0188261_13311951.jpg森の中を歩いていると、野生のサルに何度も遭遇。
ここのサルは人にも慣れているだろうけど、エサをねだりに襲ってきたりしないので、安心して傍を通れる。
野生のサルがコワイもので‥。
途中、明神池にも立ち寄ってみました。
c0188261_2057491.jpg
一之池、二之池の2つの大きな池が隣合わせに並んでいます。
池といってもこちらも透明度が高いので、大きなイワナがゴロゴロ泳いでいました。
c0188261_20583393.jpg
木道を進み、岳沢湿原まで。
ここから眺める北アルプスの風景が、1番キレイだった。
こんな絶景を一眼で撮らずに、iphoneで(しかもトイカメラで…)撮ってばかりいた事をかなり後悔‥。
ベンチに腰掛け暫し休憩し、出発点の河童橋まで残りちょっとの距離を歩きます。

約2時間のコースとの事だったけど、私たち歩くのが遅いのか3時間超えだったんですけど‥。
河童橋に戻ってきた頃は、人も随分減っていました。
安曇野の飲むヨーグルトを飲んだり、マガモと遊んだりと、少しのんびりしてから、暗くなる前に上高地を
去ることにしました。

暑くも寒くもない快晴の中、雄大な自然を堪能でき、おまけに3年前のリベンジもできたし、気分爽快!
結構歩いたけど体も心もリセットされたようで、来て良かった〜。
今度はその先の穂高連峰トレッキングにチャレンジしたいなー、なんて素人ばりに簡単に考えちゃうけど、
本格的なのはそれなりに覚悟と準備が必要だなぁ。
突如雨降りになった3年前。
軽い雨具でロビーを歩く私たちを見かねて、「山をなめないで下さいね」と、ホテルの方に更にカッパと傘の
2セットを差し出された事を思い出した‥。その後、どしゃ降りになり、川は氾濫したんだった‥。

17:30頃沢渡パーキングに到着し、車をひろって松本市内へ。市内までは車で約1時間。
今日は松本市内のビジネスホテルにお泊まり。そこは「東横イン」!!(わざわざリンク飛ばさんでも…)
3年前の弾丸旅行の際に、不意に、もう1泊じゃ!と思い立ち宿泊したので、ここもリピート宿となるのか‥!
2人で8000円☆切るなんて嬉しい限り。明日のお宿のためにも助かります‥。


夕食をとりに、街中にある「厨 十兵衛」まで徒歩で向かいます。
日本酒がメインの割烹風居酒屋です。
c0188261_2059144.jpg
長野の地酒をちびちび飲みながら、美味しい和食をいただきました。
突出しの冷奴のうんまいこと、うんまいこと!2人でたまげました(冗談抜きに!)。
これ普通の1品として出せるのに、これが突出しとは、その後のお料理に期待が膨らみます。
生のザーサイ(初体験でした)のサラダ、自家製タルタルソースで頂く鶏の南蛮漬け、秋刀魚塩焼き、金目の
お刺身などの絶品料理と、「帰山」という名の12年ものの古酒をいただき、至福の時〜。
お一人様のお客さんが多く、気鋭の食事処と感じさせられました。
街中泊の際は、宿をチープに料理をメインに、が基本の私たちにピッタリの夜だったな。
[PR]
by fumi-toco | 2010-08-31 23:00 | 旅 / 長野