カテゴリ:ウチヅクリ / 基本設計中( 9 )

2011年 01月 22日
打ち合わせ
新プランのプレゼンから約1ヶ月後、矢作事務所にて打ち合わせがありました。
(すごい振り返り記事です‥‥)

基本のプランは完璧なので、今日は少し細かな部分のお話を。
大きな変更となりそうなのは、前回のblogでも書いたキッチンの場所。
2F LDKの中央辺りに壁付でありましたが、多目的ルームをやめ、そこにキッチンを設置する事になりました。
どんな型になるのかは次回打ち合わせまでのお楽しみ。おそらくL字型かな?

c0188261_15195932.jpg
そして、収納の話題。
趣味のキャンプ道具に、仕事道具の音楽グッズ、ホントに全部使ってる服やバッグ、客用布団、スーツケース2つ等、既に物で溢れている我が家‥‥。
整理しても現状の収納では足りない事が分かり、どうにか収納を確保していただけないかと相談しました。
矢作さん、河原さん、私達4人で図面とにらめっこするも、その場では決定的な案は生まれず。
一旦持ち帰って再度検討する事にしました。

後日、矢作さんとメールで、個室トイレを洗面室に3 in 1にする事でトイレ部分を収納に、外部収納を本当の外部(庭)に設置する事でその部分も内部収納に、等々やり取りし、詳細についてはこれまた次回打ち合わせまでのお楽しみとなりました。

c0188261_15201449.jpg
その他に、窓の形状について。
我が家からチラ見できる海をやはりチラッとでも見えるように出来ないだろうか‥‥の相談。
キッチンが動く事による天吊収納の絡みや、1F窓との関係もあるので、現状の形状だとは思いますが、
目線の高さにあるジャロジー窓をクリアにするかどうか。
後は土間に風通し用の窓が欲しい‥など。

以上を実施設計に入りつつ検討して頂く事となりました!
私たちは設備機器のFIXを宿題にもらい、それから毎日のように設備論戦が繰り広げられています‥。
今は、各自エクセルにまとめてプレゼンし合っているところ(笑)
1番のバトルポイントはやっぱりガスコンロ。
ケンさんが見つけ出して来た得体の知れないコンロがどうか導入されませんように…(祈)
どんなコンロなのかはまた追々。
[PR]
by fumi-toco | 2011-01-22 23:00 | ウチヅクリ / 基本設計中

2010年 12月 27日
新プラン ー内部ー
昨日に引き続き、内部の詳細です。
毎度、撮影が難しく、イマイチな写真ばかりですが、お許しを‥。

c0188261_0173783.jpg
午前中の明るい日差しの中、撮影してみました。実際の建て方もこうなので、こんな風に見えるのかな。
2F窓と玄関窓はクリアガラス、1F右側(ゲストルーム)は擦りガラスが良いかなぁ〜、と考え中。
2F腰高部分の外壁はウッドサイディングを予定しているようです。
玄関右側の壁下側にFIX窓が入っているように見えますが、これは東側からの日差しが窓の形で伸びている
ところ。日の傾きによって、移動していくんだろうな〜。美しいかも!
コンセプトとして、右側の箱が「明」、左側の箱が「暗」と、”コントラストを楽しむ空間”があります。

c0188261_131154.jpg
玄関を入ると、東に抜ける窓に向かって狭くなる吹き抜けの土間風フロアが広がります。
床は黒系のタイルを予定。壁もダークな感じでいくかもしれません。
抜けを楽しむ為に、収納が一切設置されていませんが(階段下を収納にしたいところもぐっとガマン!)、
靴を収納する渋いチェストを置きたいなぁ。
右側のゲストルームから東側の居住空間の上部は写真の通り、ガラス張りのようです。
どんな風に光が届くのか、早く体感したい!!

c0188261_13104716.jpg
北側の壁を外してみました。
東側の1Fガラス部分はドアになっていて、外から帰ってきて、左の浴室に向かえば、すぐさまザブン!と
お風呂に入れるようにもなっています。
玄関の上部にあるのが、ワークスペース。すごく暗闇に写っていますが、もっと明るい空間です。
ケンさんの死にかけrhodes pianoを置くスペースを作って頂いたりと、贅沢な広さになっています。
階段側には全面ガラスをはめる予定です。
ちなみに、一番上に小さな小窓が連なっておりますが、FIX窓と開閉窓と交互に配置されています。ダイニングから見上げると、ここからも緑が見えるのかな?楽しみです。

c0188261_131106.jpg
2F南側リビングダイニングスペースです。およそ20畳の空間。天井高は3m以上あるようです。
道路側から林側までを、幅2.7mから4.5mに広がっていくフロア。
視界の抜けが良くなる様に、ベランダ軒を斜めにカットされているのを知って、ケンさんはめちゃくちゃべた褒めしておりました(笑)
右側の出口から階段へ、左側の入口からワークスペースへとつながっています。
現在、写真左側は多目的ルームとして間仕切りのない個室を用意していますが、私達が1番悩んでいるのは、
ここをキッチンにしてしまおうか、というところ。
L字型でもコの字型でも使い勝手の良さそうなキッチンになりそうだけど、一番日当りの良い場所がキッチン?、多目的ルームも捨て難い…と、この悩みは、年明けの打ち合わせまでの宿題となっています。
どっちがいいのか‥‥(悩)

c0188261_13111352.jpg
さて、見えにくいですが、1F南側の居住スペースです。
左から、ゲストルーム、収納&トイレ、主寝室、洗面室&浴室となっています。
こちら向きにある収納は外部収納となっていて、駐車スペースからのアクセスとなります。
主寝室と洗面室&浴室は、ワンルームっぽく行き来する事ができます。仕切りの壁もガラスの予定。
湿気対策などもうちょっと練らなくてはと思いますが、東側の緑を楽しむ一体化した作りになっているので、ぜひ実現するといいな。


延べ床面積は前プランより10坪も縮小となりましたが、シンプルで無駄なスペースがない分、各部屋はそれほど広さが変わっていない気がします。
その上、縮小となった分、予定建築費がぐーーんと下がりましたし、私達としては嬉しい限り!
昨日も書いたけど、「シンプルでエレガント」に建ち上がりそうなこの家が今はとても楽しみです。
行ったり来たりを繰り返し、私達も矢作さんも随分と悩んだ時期もありましたが、このプランを軸に
ここからサクサクーッと特急で進んでいけるよう、頑張ります!

矢作さん、河原さん、来年もまた引き続きよろしくお願いします!
[PR]
by fumi-toco | 2010-12-27 23:00 | ウチヅクリ / 基本設計中

2010年 12月 26日
新プラン!
c0188261_2242376.jpg

仕事がドっと立て込んでしまい、あまりにも長い間更新のタイミングを逃し、復帰しづらくなってしまいましたが、本日、担当の河原さんから新プランの模型と図面を頂きましたので、建築ブログを再開です!

新プラン!という言葉にとても驚かれる方も多いかと思います‥‥。
実は、これまでのプランを、RC+鉄筋の混構造から木造に変更した事により、構造部材が追加必須ということで、目立つ柱が増え、2階窓側や部屋の両脇にT字壁が入ってしまったり、1階回廊にも壁が入ったりと、この案の持つコンセプトから大きく外れてきてしまったのです。
矢作さんも私達も悩みに悩みましたが、良い部分をいかせない木造案ではやはりお互いしっくりくることが出来ず、とても残念だけれど、やはり見合わせた方が良いのではないかという結果に落ち着きました。

これまでの案が大好きだっただけに、大幅に変身してしまう事に躊躇してしまわないかと不安もありましたが、10月に新プラン(しかも3案も!)を練って下さいまして、その中のB案が前プランの構成にとても近い事と、現在住んでいるサンカク邸に似ている部分(室内)もあり、とても暮らし易いのではないか、という事で今日までこの案を進化して頂いておりました。

とにもかくにも、矢作さんには、何度も何度も頭を悩ませてしまい、こちらとしましても大変申し訳ない気持ちで一杯です。本当に世話のやける施主でごめんなさい!

ですがですが、今回の新プラン、前プランの興奮と感動を超えるくらい、非常にワクワクする案なんです!
シンプル且つエレガントな佇まいです(笑)

では、新プランの内容を‥。
詳細は近々にまとめようと思いますので、今日の所は大まかに。

c0188261_1444886.jpg

こちらは道路側から俯瞰したところ。
構造ですが、北側(写真の左側)の構造と南側(写真の右側)の構造の2つの構成で分かれます。北側は重量鉄骨、南側は軽量鉄骨という、鉄骨造という事になるとの事です。鉄骨という言葉にビックリしましたが、使用する鉄骨総重量が8t位という事で予算内に収まるとの事でした。すごい!!
2つの構成を繋ぐ中央の壁は、室内を斜めに走る壁となっています。遠近法を楽しむ空間として、とても魅力を感じました。

c0188261_2215775.jpg

こちらは林のある東側から見たところ。
2F東側窓の間口が4.3mと広い事と、天井高が3.2mと高い為、階段から上がった時の開放感がすごく気持ち良さそうです。バルコニーも前プランを活かして頂き本当に嬉しい限り。どんどん好きになり、完成が本当に楽しみになってきました。

内部については、また近々お伝えします!


忙しく凹み気味な年末に、一番の楽しみがやってきて模型と図面にニヤニヤしながらの年越しとなりそうです。
本当に長い道のりでしたが、基本設計はこれが本当にラスト!
これまでの案のアイデアがちょっとづつ垣間見れたりして、集大成となった気がしています。
矢作さん&河原さんには、本当に感謝しなくては…です!
[PR]
by fumi-toco | 2010-12-26 22:05 | ウチヅクリ / 基本設計中

2010年 01月 13日
打ち合わせ
今週月曜日の祝日に、矢作さんと設計プランについての打ち合わせを行いました。
プレゼンテーションからおよそ1ヶ月経ち、いくつか要望や質問が出てきたところだったので、
打ち合わせの時間を割いていただき、大変嬉しかったです。

午前中に矢作さんの設計事務所にお邪魔するのは初めて。
矢作さんの顔色と艶の良さに実はコッソリ見とれながら、打ち合わせ開始!
(胃の調子が悪いと言われていた中、スミマセン‥!)

その内容を簡略に…

1F部分について
c0188261_152451.jpg
 *ゲストルーム(右下)は和室に → OK
 *ゲストルーム南西のどこかに明かり取り用の窓が欲しい → OK
 *トイレは各階に1つをkeepしたい
  その場合、1Fトイレを洗面室に3 in 1にし、空いたトイレスペースを収納にしつつ幅を狭め、
  その分駐車場を少し広げたい → 各階1つは今のところOK(予算次第か)。
  3 in 1はこのプランには不向き。駐車場を広げるにはトイレを含めた玄関スペースのレイアウトを
  再検討することは可能 → ということでしたが、現状の駐車場幅で十分なので、このままで
  お願いします。
 *浴室浴槽はどうしましょう → 埋め込み式は決定。浴槽は造作物でいくか既成品でいくかは未定
 *廊下を少し広げたい → 90cm(標準)以上になると端材が多くなる事になり、止めた方が良い
 *寝室、ゲストルーム、浴室はRCの打ちっぱなし感は出したくない → 型枠、断熱材含め検討

2F部分について
c0188261_1521710.jpg
 *冷蔵庫はアンダーカウンター式ではなく現状の物(暫くは)を置ける形で → 
  キッチンレイアウトを再検討
 *対面式カウンターキッチン幅は70cm欲しい(壁側カウンターはその分奥行きを詰める形で)
  → OK 
 *テレビを置かない可能性があり、スクリーン設置を検討したい → 壁側カウンターの端に
  AV機器を収納し、家事デスク箇所にスクリーンを配置する方法もあり

外装について
c0188261_1522898.jpg
 *1F、RCは薄めの色合いを希望 → 雨だれがすぐに目立ってくるのでオススメできない。
  予算があれば杉板型枠コンクリート造が一番良いが、恐らく無理かと‥
 *2F、外装の希望は、やはり全面木材貼り → 予算次第だが、こちらも恐らく厳しい‥
 *庭にライトアップ用のライトを設置したい → OK


大きな要望はなかったので(と思ってます‥)、サクサクと2時間程で打ち合わせも終了。
不明に思っていた事なども解決し、やはりこのタイミングで一度打ち合わせ出来て良かったです!
矢作さんには体調が悪い中、時間を作って頂き大変感謝しております。
3、4月中に見積もり提出予定というお話を聞き、いよいよ計画が現実味を帯びてきました。
正直不安もありますが、常に柔軟な気持ちで臨んでいきたいと思います!
[PR]
by fumi-toco | 2010-01-13 18:10 | ウチヅクリ / 基本設計中

2009年 12月 07日
1歩前進します
昨日夕方、矢作さんと中島さんが我が家にいらっしゃり、再提案が行われました。
そしてその新プランは‥、
私たちにとって、非常に満足のいく壮大なプランとなっていたのでした。

それでは、模型写真をお披露目です!
まずは、北西道路側から。
c0188261_1362921.jpg
ピロティになった駐車場、一度は諦めていたのに、矢作さんが最後まで拘って下さり、とっても嬉しいプレゼントとなりました。海からの潮風が結構強い日もあるので、これは本当に助かります。
左側玄関スペースの前にもゲスト用?将来のサブ車用?のスペースが確保されています。
1F右側の箱はゲストルームとなっています。その上の2Fは、とりあえず現状将来の子供室と、物干し用のサブバルコニーとなっていて、そのコーナー窓からは海を眺めることができます。

次に、北東側です。
c0188261_1381058.jpg
右側玄関上の2Fは、ワークスペースとなっています。鋭角に合わせワークデスクもL字形に設置される予定です。2Fを支える箱のようなスペースは階段となっています。

次に、東南側です。
c0188261_1382665.jpg
1F右側が浴室&洗面脱衣室、左側が主寝室となっています。
2Fは7帖近いバルコニーが東南に迫り出していて、1Fも2Fも緑を堪能できる我が家で最も贅沢な場所となっています。
陸屋根にある四角い箱っぽいものは、この東南側がガラス窓となっていて、その下にある構造壁を美しく照らすという、小技が効いた仕様になっています。

2Fバルコニーから室内をアップで撮ってみました。
c0188261_147842.jpg
キッチンの左奥にある吹き抜けからの光がキッチンカウンターを見事に照らし、眩しいほどに輝いて見えます。
矢作さんに、「明日、明るい時間に是非このカウンターの輝きを見てみて下さい」と言われてましたが、これほどまでに光るとは!感動しました‥(嬉)

次に、南西側です。
c0188261_1383835.jpg
中央のこれまた2Fを支える箱のようなスペースは主寝室からの吹き抜けとなっていて、隣家がせまって暗くなりがちな主寝室の南側の光を吹き抜けから落とすようなしくみになっています。

c0188261_1312238.jpg丁度この主寝室の横が、隣家(テラスハウス)の玄関となっていて、どうしても南側に窓を設ける事が厳しく、このような配慮された設計をしていただき、矢作さんには本当に感謝しております。
吹き抜けの下部分は収納になっています。
吹き抜けのおかげで6帖の寝室も非常に開放的な空間になっています。

それでは、詳しい間取り説明を‥。まずは、2F部分。
c0188261_13113373.jpg
写真上から、バルコニー、ダイニング&キッチン、リビング、右下が子供室、左下がワークスペース、下中央にトイレと収納となっています。壁側キッチンカウンターをのばし、家事コーナーデスクも設計されていました(驚)

次に、1Fの間取りです。
c0188261_13114668.jpg
写真右上が主寝室、左上が浴室&洗面脱衣所、右下がゲストルーム、左下が玄関&トイレとなっています。
トイレの横には、外用のガレージ収納が確保されています。また、玄関には壁一面の大容量収納棚が設置され、我が家の大量のアウトドアグッズが全て収納できるようです。本当にありがたいです。
廊下が回廊のようになっていて、それぞれが離れのように配置されています。
回廊の内側は全面ガラスとなっていて、ケンさんが毎日舐めまわすように愛車の赤を眺めたり、庭の緑を楽しんだりができるようです。矢作さんオススメのとっても粋なプランです。

c0188261_13123229.jpgダイニングの北側に階段があり、その下1Fが浴室となっています。
温泉バカの私たちのために、非常にスペシャルなお風呂を設計して頂きました。
浴槽は、今のところ角の取れた掘り込み式のタイル張りを予定しています。
そして、なんと!
階段下スペースを利用した休憩用のベンチが設けられています(写真では見えにくいです‥)。
これはもう庭の緑を楽しみながら長風呂になること間違いなしです。
最後に、2Fのリビング部分にカメラを入れて、中からの眺めを撮ってみました。

c0188261_13124449.jpgなんとなくこんな感じでしょうか。
内装の色合いはまだまだ未定ですが、模型上の白と木々の緑、空の青色を眺めているだけでも、その美しいコントラストにやられっぱなしです。

以上です!
矢作さんの設計で既に建築済みの皆さまに、以前、「矢作さんの設計で結果満たされなかった部分は一つもない!」と教えて頂いた通り、正にそうなりそうな絶妙プランでした。
何一つ欠けていない上に、更にサプライズ的な要素も盛り沢山というマジックパワーぶり!
機能面、ライフスタイル、各所のバランス、センス‥何をとっても、私たちだけに合ったオンリーワンな設計プランになっていると感じます。
もちろんそこを抑えつつ矢作さんは設計をされているのですが、あまりの合致具合に本当に感動しました。
でも、この家を実現するには、私たちの努力もあってのこと。
この先、長く険しい道のりが待ち構えていますが、今のワクワクした気持ちを忘れずに、最後まで矢作さんと突っ走っていきたいと思います。
[PR]
by fumi-toco | 2009-12-07 16:37 | ウチヅクリ / 基本設計中

2009年 11月 06日
フェンスの向こう側
c0188261_2250714.jpg
ツル系の雑草がフェンスを越えて延びまくるので毎度カットしていましたが、あまりの成長の早さに困ってしまい…、

どうせ解体時にはフェンス取っちゃうだろうから、いっその事ツルの根っこも引っこ抜いちゃえー!という事で、東側崖地のフェンス撤去&雑草一掃作業をしました。

その前に、フェンスの向こう側に踏み出せた経緯を・・・。

この崖地は我がサンカクの家とは別の所有者のものでした。
家を購入して半年くらい経ったある休日の朝、どこからともなくチェンソーのイヤ〜な音が‥。
窓から音の方向を見てみると、ナント!!3軒隣の一番美しい大木が伐採されてる〜!!!
しかも、伐採する方向がだんだんこっちに近づいてるみたい!!
ケンさん、案の定バイクをすっ飛ばし、現場に向かいましたよ。
話を訊くと、どうも我々住民が長年借景として楽しんでいたこの崖地一帯に、建売住宅を建てる計画が進んでいるとのこと…。超焦り&大ショック‥。
この借景に惚れて、この家を買ったのも大きな理由でしたから。
矢作さん、親、建築仲間の皆さんに相談し、悩みに悩み出した結論は・・・、
「自分の土地に接した崖部分だけ(安く)売ってもらおう」でした。
我が家に接する崖地なんて家が建つ程の広さではないのですが、それでも誰かが持ち主であれば、木々を切ったり、小屋くらい建てたり、なんでも好きな事ができるわけで‥、それはちょっと悲しすぎる。
なので、無事購入できた時は、気持ち的にかなり楽になりました。
管理は大変だけど、これで自分達の好きにこの崖地をいじれる〜♪と。
購入の交渉をしている間にも、上の写真↑の大きな木は、かなりの量の枝を落とされてしまいショックを受けましたが、でも逆に空が沢山見れるようになって良かったかも〜!と、今は思っています。

そんな訳で、フェンスの向こう側に、購入後初めて進出してみました!

c0188261_22502342.jpgフェンス沿いに生えているツユクサの大群の下には、なんとも太い根っこが複数生えている模様。
しかも作業開始から程なくして、でかいトタンやら七輪やらクツやら建築時の廃材を発見!
大群のツユクサで全く見えなかった…。
まさかここにそんなものが隠されていたとはショック!

かなり根気のいる作業になりそうでブルーに。
でもそれを見て、更に燃えている人がここに1人いました!
c0188261_2303269.jpg
という事で、ケンさんがんばってー!!の図です。私は虫がダメダメなので、もっぱら応援隊(笑)
結果的に、12袋分のゴミになりましたが、全部出すのに1ヶ月掛かるんでないかい?
でも、ツルの息の根を止めたみたいね。凄い根っこだ〜。

c0188261_22513720.jpgあ、まだ根っこが一本長〜く残ってますよ。
でもだいぶ木々が見えてきて、いい感じになってきました。

ツユクサは初夏に一斉に白い花を咲かせて、それはそれで奇麗だったのですが、反対に蚊の温床にもなっていたので、結果的にはこちらの方が良かったかも。
c0188261_22515687.jpg
フェンスが無いと、こんなに木々が近く感じられるんだなあ、なんて改めて感じてしまいました。
頑張った甲斐があったね!!

c0188261_22521567.jpg何してんのぉ?
ってシッポちゃん登場!
ちょっと、あんた本当にカワイイんですけどぉ。
ケンさんも今日は疲れたみたいだけど、これには疲れも吹き飛ぶくらい癒された事でしょう。
グッジョブだったよ、シッポちゃん。(笑)

[PR]
by fumi-toco | 2009-11-06 14:11 | ウチヅクリ / 基本設計中

2009年 07月 02日
地盤調査
新しいプランを待っている間に地盤調査を行いました。

崖の上の土地なだけにボーリング検査を覚悟していましたが、近隣の調査結果報告書により
スウェーデン式サウンディング試験で良しとのこと。助かりました‥‥。
イメージでは大きな機材がドッカンドッカンやるのかと思ってましたが、実際は手持ちできる
サイズの機械で検査頂きました。

c0188261_16102248.jpg


クランプに円筒形の10kgのおもり2枚と25kgのおもり3枚を1枚ずつ載せていき、
1枚載せる度に、ロッドが下方に沈むかを見ます。
おもり全てを載せると合計100kgという事ですが、この時にロッドが沈まず
静止している場合には、ロッドを25cm強制的に貫入させるのに
ハンドルを何回転させたかを記録するそうです。

梅雨の真っ只中、しかも雨の降る中での調査となり結果に悪影響が‥‥などと心配しましたが、
ナント! 東側の崖際では、35cmで岩盤ということで、調査をして下さった方に
「これ以上ない良質の土地ですよ」 と、大褒めして頂きかなりホッとしました。

今は私たちが住む古家が建っているため端の3点のみの調査となりましたが、解体をした後に
土地の中央と残りの1点を再調査する事になりそうです。
[PR]
by fumi-toco | 2009-07-02 22:28 | ウチヅクリ / 基本設計中

2009年 05月 22日
中古一戸建てとの出会い
この中古一戸建てとの出会いを綴ります。

「マイホームが欲しい!熱」が熱くなったり冷めたりを繰り返し5年程経過した2008年2月。
またまた「マイホームが欲しい!熱」が二人を襲っていました。
しかも今回のは今までのとは比べ物にならない程に熱い!!
一度突っ走ると突っ走りっぱなしの二人はほぼ毎日会社の後に土地を見に車を走らせました。
最初は自分達が住んでいる東京大田区周辺から。
理想の大きさの土地はとてもじゃないけど手が届きません!
そこから、ジワジワと範囲を広げ川崎市や横浜市まで広げていきました。
矢作さんとも横浜鶴見区にある1件良さそうな土地を一緒に見ていただいた事もありました。
そこは条件がいろいろ合わず結局キャンセルしたのですが、その後も私たちは勢力的に
土地探しをしました。

横浜の旭区・泉区・戸塚区あたりまで範囲を広げ、それぞれにいい条件の土地はあったのですが、
その辺りで暮らしたこともない、通勤にも不便、果たしてそこで一生暮らしていけるの???と、
二人それぞれ自問自答した答えはやはり「ここじゃない!」という結論でした。

矢作さんには「いつか「ココだ!!」というところに必ず出会いますよ!」と言って頂いていたので、
根気よく探してみるつもりでしたが、中古一戸建てを買って建て替えってのは??と、
たまたまfumiが思いつき、「ないだろうなぁ〜」と冷やかし半分で憧れの鎌倉・逗子の辺りで
中古一戸建てをリサーチしてみたのです。
すると!!今日アップされた真新しい物件が1件!
土地の広さ・価格・掲載写真・通勤アクセスなど鳥肌が立つほどの好条件物件が!!

もちろん速攻翌日見学に!
そこには築24年の三角屋根の家がありました。
家の中・外・近所と興奮気味にじっくり見学し、二人で出した答えは「絶対ここだよね!」でした。
結婚当初からいつか一戸建てを持つなら「家の一方に緑が面してて、克つ海や山が近いとこ」なんて
話してて、そんなの島とか行かなきゃないよ!と笑い飛ばしていたのに、今こうして出会ってしまった
事にわたし達は「ウソでしょ!?」とオーバーな程に感動していました。
相場の半額近い金額の物件ということもあり、わたし達が見た日も他に3組の予約が入っていたそう。
実際わたし達の前にも1組見学されていました。
気持ちがどんどん焦り今すぐ契約してしまいたい気持ちになりましたが、その場は購入したい旨を
伝え帰宅しました。
矢作さんにメールでお知らせしつつ、購入手続きを着々と進めていました。
矢作さんには「いい土地ですね〜。崖の上という問題もありますが気持ちの良い家が建ちそうです!」
と、お褒めの言葉を頂き、わたし達も自信があったので「でしょ!でしょ!」という気分で
頷いていました。

ビビッとくる土地って絶対出会うよ!と何度も聞きましたが、本当に出会うんですね。
5年もかかってしまいましたが、このタイミングで出会えた事が一番ベストでした。

これからこの三角屋根の家(右写真)がどのような変身をするのか、とっても楽しみです!!
[PR]
by fumi-toco | 2009-05-22 13:08 | ウチヅクリ / 基本設計中

2009年 05月 17日
設計監理契約、そしてblogスタート
「ズシウチヅクリ」blogスタートです。

c0188261_1261058.jpg


そして本日、矢作昌生建築設計事務所との設計監理契約を行いました。

夕方遅くに横浜の事務所に初訪問し、これまでに提案していただいた2プランについて
図面を見ながら意見交換をさせて頂きました。
その結果、再度新規プランの設計をお願いする事になりましたが、
設計監理契約はその場で交わすことに!

初めてお会いしてからこの1年数ヶ月の間、矢作さんのセンスとお人柄に
私たちは惚れる一方でしたし、何より「矢作さんの設計した家で暮らしたい!」
これが最終目標ですから。

順番は逆になってしまいましたが、迷う事なく契約させて頂きました!
その後はいつもの如くいろんな話で時間を忘れ、結局事務所を出たのは日付が変わるちょっと手前‥。
毎度すみません。

矢作さんには無理難題をふっかけっぱなしですが、新プランをドキドキしながら待つことにします!
道のりは険しいですが、これからもどうぞ宜しくおねがいします!!
[PR]
by fumi-toco | 2009-05-17 23:55 | ウチヅクリ / 基本設計中