<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 24日
ヌーヴォー
c0188261_1020535.jpg
土曜日、最近御用達のワインショップ、藤沢の「rocks off」さんにとあるワインを取りに伺いました。
久しぶりにヌーヴォー買ってみました!(今年は50年に1度の出来、というし!)
今年予約しておいたのは、PHILIPPE PACALETの「BEAUJOLAIS PRIMEUR 2009」と、大岡さんの「VIN NOUVEAU BLANC 2009」。どちらももちろんビオワインです♪
パカレのお味は、ヌーヴォーとは思えない濃厚さを楽しめました。とても高品質!
今年は保存料の亜硫酸を添加したそうで、店主さん曰く普通のワインになってしまったそうですが、私たちからすれば、待たずして飲めるので嬉しい結果でした!
大岡さんの方は、酵母が落ち着くまでのあと1ヶ月後くらいが一番飲み頃、とアドバイス頂いたので冷蔵庫で寝かせています。暖かい部屋では二次発酵を起こすらしく、冷蔵庫保存なんだそうです。へぇ〜!
待つのが嫌いな私は、毎晩、栓を抜きそうになってしまうのですが‥(汗)
c0188261_10212352.jpg
さて、この日はとっても寒かったので(特に我が家)、ヌーヴォーのお供にビーフシチューでも‥、と思い立ち、おなじみ鎌倉丸七商店に買い出しへ。
お肉屋さんで山形牛の煮込み用肉を購入し(ここ安いです!)、手前の鮮魚屋さんで岩牡蠣を購入。
この岩牡蠣、かなり大きいのに1個120円というのは、とっても安いと思います。
それと、帰り道にあるパン屋さん「GAMA」でイチジクとクルミのカンパーニュなど数点購入し帰宅。

ビーフシチュー、蒸しキャベツのビーンズサラダ、カンパーニュ、岩牡蠣とヌーヴォーで夜ゴハン。
山形牛のビーフシチューは我ながら、なかなか美味しかったです〜。ワインとも勿論相性バッチリ!
あとはチーズがあれば良かったかなぁ。
ちなみにここの岩牡蠣、めちゃくちゃ美味しいです!!
最初は貝を開けるのに時間のかかったケンさんも、今はドライバー片手にサクサク開けられるように。
こんなに美味しくて安いなんて最高です。岩牡蠣が好きな方、是非おすすめします!!
c0188261_10214023.jpg
最近飲んだワインをご紹介。かわいいラベルの「La Passion」です。
オーガニックでは無いそうですが、「グルナッシュ 100%の手摘み収穫で限定醸造!!」の売りセリフにやられました。
チョコレートのような、煮込んだ果実のような香りのするお手頃で美味しい赤ワインでした。
[PR]
by fumi-toco | 2009-11-24 23:25 | 家ゴハン / お酒

2009年 11月 23日
お気に入り宿のお風呂インプレ
温泉が恋しい時期になってきました。
家を建てる事になってからは一度も行けていませんが、温泉大好きな私たち。
大浴場に堂々と入るのは2人とも緊張して逆に気疲れするので、露天風呂付部屋がある宿に行きがち‥。
ずっとまとめてみようと思ってたので、この機会にお気に入り宿のお風呂インプレを。

まずは、純和風宿のお風呂からご紹介。
c0188261_9523872.jpg
左上:温泉山荘だいこんの花。高級宿という訳ではないですが、お部屋は離れになっているし、貸し切りのお風呂も素晴らしかったし、いいお宿でした。ただ、夕食は野菜だけを使ったコースだったので、さすがにお肉が欲しかったです‥‥。
右上:扉温泉 明神館。部屋の選択を誤ったのか、部屋付露天風呂はちょっと残念な感じでした‥。でも!それ以外はとってもお気に入りとなっているお宿。夕食がとっても美味しかったです。この時はイチジクと鴨のお料理が絶品でした。貸し切り状態で入れた、立ち湯も素晴らしい〜。
左下:森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷(写真は行方不明なので、HPから拝借)。可愛らしい純和風のお宿。部屋露天は小さめですが、海を見渡しながらの入浴は印象的!お料理は伊豆らしく魚介がメイン。貸し切り風呂には自由に飲める瓶のコーヒー牛乳がストックされていました。こういうの嬉しい♪
右下:柊家別館(写真は撮ってなかったので、HPから拝借)。京都らしい数寄屋造りのお宿。部屋にお風呂はなかったです。部屋の坪庭を眺めながら夕食をいただき、私たちも大人になったなーって初めて思ったんだっけ(笑)老舗旅館デビューでした。
c0188261_10152142.jpg
左:谷川の湯 あせび野。露天風呂付客室にハマるきっかけとなったお宿。こっちは露天風呂付客室デビュー(笑)実際、この宿を皮切りに露天風呂付客室のお宿って増えていったと思います。
右上:修善寺温泉 湯回廊 菊屋。唯一リピートしたお宿。目的は夕食(笑)ボリューム満点なのに、夜10時からは夜鳴きそばもいただけるんですよ。写真は離れの部屋風呂で、かなりゆっくり寛げます。
右下:旅館こうの湯。このお風呂、部屋付の露天風呂です。大浴場並みの大きさ!看板に、一番深い所で150cmあります、って書いてあります。わたしの身長、154cmなんですよね‥。溺れるってば‥。竹が横に渡してあるけど、それに掴まって入っても溺れるってば‥。ちなみに、夕食に初めて食べた馬刺が絶品!!熊本の馬刺って美味しいのね〜。

ここからは、比較的記憶に新しいお宿をご紹介。
部屋・お風呂が素晴らしいのにプラスして、夕食が超絶品なお宿でした。
c0188261_13152966.jpg
星のや 軽井沢。
お風呂はコンパクトですが、非常に居心地の良いお部屋でした。お風呂には確か菖蒲が入れてあったような‥。川沿いのお部屋はバルコニー越しに向かいの部屋が気になりそうだったので、山側のお部屋を希望。テレビのない寛ぎの部屋でゆったり。この洗面室、なんか好きです。個々の配置バランスと色合いがいいのかな〜。右上写真のレストランで夕食。
c0188261_13411368.jpg
山荘 無量塔。
埋もれるタイプの石造りお風呂が非常に良かった。窓を開けて入った時の目線が落ち着きます。とにかく広々とした離れの部屋。右下写真の部屋の2階にこれまた広いベッドルームが存在します。イブ・コフォード・ラーセンの赤い椅子が印象的。部屋の和室でいただく贅沢な夕食も最高でした。
c0188261_1357228.jpg
界 ASO。
この時は奮発してBタイプのお部屋を希望。プライベート別荘にいるかのような気分を味わえます。完全に日常から解放されました。部屋付露天ではダントツなクオリティーです。
内風呂もとにかくゴージャス♪随所に家づくりの参考になる部分が見られました。
c0188261_17283435.jpg
arcana izu。
旅館というよりリゾートホテルのような作り。この日は台風真っ直中だったので、希望していた部屋から、レストランに近い部屋に変更されてしまいましたが、こちらも十分なお部屋でした。そして、このお風呂のイメージ、今私たちが望むお風呂のイメージに一番近いです。矢作さんにも強引に見ていただいたっけ‥(笑)夕食も素晴らしかったですが、朝食の自家製パンが選び放題な上に、食べきれなかった分は包んでくれ、持ち帰らせてくれるという温かい心配り。お土産のお菓子詰め合わせがあったりと、とにかくセレブ気分を味わえるお宿でした。
c0188261_17285225.jpg
那須高原の宿 山水閣 別邸回。
こちらにもイブ・コフォード・ラーセンの椅子が。部屋は和室以外にツインベッドルームがあります。
この浴槽、写真で見るより実物はかなり大きいです。洗い場も広々としてて、とっても贅沢ないいお風呂でした!そして、洗面室のタオルウォーマーが気になる、気になる‥(笑)ちょっと憧れます。
那須牛の豆乳しゃぶしゃぶなど豪華な懐石料理も美味しかった♪


こうして記載してみると、なかなか豪華なものでした。
これだけの旅費を建築費に充てていれば‥(汗)、という気持ちにも多少なりましたが、ま、旅行は私達の共通の趣味なので家を建てる前にいろいろ行けて良かった!ということにしておきましょう(笑)
若いうちに遊べ!が会社のモットーだったしさっ!!(必死に自己暗示‥)
この体験を活かして、家のお風呂づくりには自然と力が入りそうです‥。矢作さんにもしつこいくらい毎度アピールしまくり(笑)

そしてそして、来月、久々に温泉に行きます。もう中毒が出てダメ‥。
だからといって、とてもこんなセレブ旅館には行けませーん(泣)
コッテコテの温泉旅館です!浴衣に卓球系じゃい(笑)でも部屋付露天は辛うじて維持!!
[PR]
by fumi-toco | 2009-11-23 23:18 | 旅 / 温泉

2009年 11月 16日
建築・車好き定例!?PARTY
c0188261_17552132.jpg
定例化されている(笑)建築・車好きが集まるパーティーにお呼ばれされ行ってきました。
今回の開催場所はgackyさん&tomoさん&メリーちゃん邸です。
矢作さんが生み出した関東物件初のおうち。
1年以上振りにお邪魔ということで、とっても新鮮な気分!
いやぁ〜、訪れる度にその完璧な佇まいにウットリしっぱなしです。とっても気持ちの良い空間!
今回はメジャーでいろいろ測らせていただいたり、天井の高さを確認してみたりと本格的に調査モードになってしまい失礼しました‥。

さてさて、今回もなんとも贅沢な食パーティーとなりました! 
c0188261_19504957.jpg
                ・フォカッチャ(まことさん手作り)
                ・生ハムサラダ
                ・ビーンズのイタリアン煮込み
                ・バーニャカウダ
                ・豚のハーブソテー
                ・豚の角煮
                ・キッシュ
                ・カキとレンコンのオイルソテー
                ・カニのクリームパスタ
                ・キノコのガーリックソテー
                ・串カツ
                ・手羽先唐揚げ
                ・デザート(千疋屋のフルーツアイス)

まだまだ見落としている料理があるかもしれませんが、とにかく豪華でした!
そして、とっても美味!!
毎度お楽しみ持ち込み制のパーティですが、今回これらのほとんどはtomoさんお手製の料理☆
手際の良さといい、味付けといい、素晴らしいホストです。見習わなくてはいけません!
我が家は鎌倉野菜のバーニャカウダ添えと最近夢中のビオワインを持参し参加いたしました。
食べちゃーしゃべり、食べちゃーしゃべり、ホント幸せな時間♪
メリーと2ショット写真も撮ることができました。メリー、逃げたがってるかも‥?

そして、今回、ツノシン家のニューフェイスカーをじっくり拝見することが実現!
c0188261_123789.jpg
後ろから見ると、イタリア車の集いとなっていました。
gacky&tomoさん家のSAABも加わりヨーロッパ車4台を眺める。うーん、豪奢な眺めです。

c0188261_1814617.jpgフィアット・プント・HGT・アバルトです!
黄色を持ってくるところがニクい!!
ツノシンさん&アヤさんにとってもお似合いの色。
そして、走る事をとっても楽しんでおられるご様子。
gackyさん、tomoさんが試乗させてもらってました。
私はナミさんの運転するアルファGTの助手席に乗せていただきました☆
うちの156SWとはエラい違いに正直撃沈しましたよ‥。シートヒーター、あれはとっても羨ましい!
皮シートで冷たいのはホントに凍える思いですから‥‥。

およそ10時間の滞在。いやぁ〜、あっという間です!
価値観やセンスがジャストフィットする出会い‥。
大人になってこんな出会いはなかなかできないものです。とっても幸せなことだと思ってます♪
エンジェルの矢作さん(失礼かも‥)にも大変感謝をしているのでした。
ずーっと繋がっていけるといいなー、と願いながらブログに書いてみました!
[PR]
by fumi-toco | 2009-11-16 00:47 | 外ゴハン / パーティー

2009年 11月 10日
もつ鍋とワイン
c0188261_11121223.jpg
鍋率高めの我が家。
でもこれまで「もつ鍋」だけはうちで作ってみたことがありませんでした。
鎌倉の丸七商店の中に、いいお肉屋さんがあるので、そこで鍋用もつ肉を買い、初挑戦。

c0188261_11204338.jpg作り方はよくわからないので、なんとなくの味付け。
にんにく&しょうがをすり下ろし、お酒と味覇(ウェイパー)でスープ作り。
味の決め手は味覇でしょう。
この味覇、なんでも使えるのですごく便利です。
便利な上に、お店の味に簡単になっちゃうので、最近、大のお気に入り!なんにでも投入気味‥。
c0188261_11232544.jpg具材を入れ、出汁醤油(写真右、鎌田のポン酢醤油もオススメ)・ラー油・胡麻・カボスを絞ったりしていただきます。
モツだけではキツいので、豚肉も入れちゃってます。
そしてそして、この鍋、最高でした!めちゃくちゃ大ヒット!!

c0188261_11275287.jpgそして、このもつ鍋に合った最強のワインがこちら。
「ドメ—ヌ・ミラン ロゼ・・・ウッフ! 2007」
プロヴァンス産のビオワイン(自然派ワイン)です。
微発泡のとっても飲みやすいワインで、2人で奪い合うように飲んでしまいました。
デイリーワインだけど、香りがとっても良く、程よく甘め、なのにサッパリ。
既に大ファン♪

c0188261_11293773.jpg最近はまったビオワインも紹介。
同じく南仏産の「ル カノン ロゼ 2008」
日本人の醸造家大岡さんが拘り抜いて作ったというワイン。
辛口のさっぱり系で、こちらも微発泡。
とってもフレッシュな果実の味がします。
美味しかったですー。大好き♪
今日は更にもう1本おいしい赤ワインを紹介してもらい、購入。
大岡さん作の2009年ヌーヴォーも予約しちゃいました!ボジョレーではないので14日に解禁だそう♪

c0188261_1137140.jpg最近、すごくお気に入りのワインショップは藤沢にある「Rocks off」さん。
「こういうの」ってリクエストすると、大量のワインの中から一番ぴったりくるものを選んでくれます。
価格がお手頃のワインの種類がとっても豊富で、すごく助かります!
値段の割に美味しくて大満足!というワインをお求めの方に是非オススメしたいショップです!

[PR]
by fumi-toco | 2009-11-10 11:50 | 家ゴハン / お酒

2009年 11月 06日
フェンスの向こう側
c0188261_2250714.jpg
ツル系の雑草がフェンスを越えて延びまくるので毎度カットしていましたが、あまりの成長の早さに困ってしまい…、

どうせ解体時にはフェンス取っちゃうだろうから、いっその事ツルの根っこも引っこ抜いちゃえー!という事で、東側崖地のフェンス撤去&雑草一掃作業をしました。

その前に、フェンスの向こう側に踏み出せた経緯を・・・。

この崖地は我がサンカクの家とは別の所有者のものでした。
家を購入して半年くらい経ったある休日の朝、どこからともなくチェンソーのイヤ〜な音が‥。
窓から音の方向を見てみると、ナント!!3軒隣の一番美しい大木が伐採されてる〜!!!
しかも、伐採する方向がだんだんこっちに近づいてるみたい!!
ケンさん、案の定バイクをすっ飛ばし、現場に向かいましたよ。
話を訊くと、どうも我々住民が長年借景として楽しんでいたこの崖地一帯に、建売住宅を建てる計画が進んでいるとのこと…。超焦り&大ショック‥。
この借景に惚れて、この家を買ったのも大きな理由でしたから。
矢作さん、親、建築仲間の皆さんに相談し、悩みに悩み出した結論は・・・、
「自分の土地に接した崖部分だけ(安く)売ってもらおう」でした。
我が家に接する崖地なんて家が建つ程の広さではないのですが、それでも誰かが持ち主であれば、木々を切ったり、小屋くらい建てたり、なんでも好きな事ができるわけで‥、それはちょっと悲しすぎる。
なので、無事購入できた時は、気持ち的にかなり楽になりました。
管理は大変だけど、これで自分達の好きにこの崖地をいじれる〜♪と。
購入の交渉をしている間にも、上の写真↑の大きな木は、かなりの量の枝を落とされてしまいショックを受けましたが、でも逆に空が沢山見れるようになって良かったかも〜!と、今は思っています。

そんな訳で、フェンスの向こう側に、購入後初めて進出してみました!

c0188261_22502342.jpgフェンス沿いに生えているツユクサの大群の下には、なんとも太い根っこが複数生えている模様。
しかも作業開始から程なくして、でかいトタンやら七輪やらクツやら建築時の廃材を発見!
大群のツユクサで全く見えなかった…。
まさかここにそんなものが隠されていたとはショック!

かなり根気のいる作業になりそうでブルーに。
でもそれを見て、更に燃えている人がここに1人いました!
c0188261_2303269.jpg
という事で、ケンさんがんばってー!!の図です。私は虫がダメダメなので、もっぱら応援隊(笑)
結果的に、12袋分のゴミになりましたが、全部出すのに1ヶ月掛かるんでないかい?
でも、ツルの息の根を止めたみたいね。凄い根っこだ〜。

c0188261_22513720.jpgあ、まだ根っこが一本長〜く残ってますよ。
でもだいぶ木々が見えてきて、いい感じになってきました。

ツユクサは初夏に一斉に白い花を咲かせて、それはそれで奇麗だったのですが、反対に蚊の温床にもなっていたので、結果的にはこちらの方が良かったかも。
c0188261_22515687.jpg
フェンスが無いと、こんなに木々が近く感じられるんだなあ、なんて改めて感じてしまいました。
頑張った甲斐があったね!!

c0188261_22521567.jpg何してんのぉ?
ってシッポちゃん登場!
ちょっと、あんた本当にカワイイんですけどぉ。
ケンさんも今日は疲れたみたいだけど、これには疲れも吹き飛ぶくらい癒された事でしょう。
グッジョブだったよ、シッポちゃん。(笑)

[PR]
by fumi-toco | 2009-11-06 14:11 | ウチヅクリ / 基本設計中

2009年 11月 01日
MJの余韻
c0188261_21135155.jpg
「THIS IS IT」観てきました。
とにかく素晴らしかったです。
何をどう書いていいのか、上手く言葉にできません。
最初から最後までドキドキしっぱなしで、胸が苦しくてせつなかったー。
彼の音楽はもちろん、ステージに全身全霊を捧げる姿に強く心が動かされました。

ケンさんは、1度マイケルと仕事(正確にはマイケルの声と?)したことがあります。
その頃彼のヘッドフォンからは、マイケルの録りたてホヤホヤの「フゥ〜!」とか「ポゥ〜!」とかはもちろんセリフまでと、彼の生声が聴こえてきてて、私は聞き耳をたててたんですよね。
それはマイケルの息づかいまで感じられるとにかくスペシャルな音声で、今となってはそんな仕事に関われたこと、誇りに思っているでしょう。
私はというと、何度か演奏をお願いしたミュージシャンが、今回のフィルムでマイケルのバックミュージシャンとして映し出されていて、実際ツアーにもまわる予定だったことを知り、それには驚いたけど、でも、そんな事でも誇らしく思えました。
友達の友達…、みたいな感じで(笑)

マイケルが残して逝ってしまったこのライブフィルムの余韻にしばらく浸ってしまいそうです。
うちに帰ってからも、思い出すと泣けて泣けて‥。
あと数回は観たいし、できれば手元に残したい‥。

素晴らしい音楽、ダンス、夢をくれてありがとう、MJ!!
[PR]
by fumi-toco | 2009-11-01 21:16 | すきなもの