<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 27日
新プラン ー内部ー
昨日に引き続き、内部の詳細です。
毎度、撮影が難しく、イマイチな写真ばかりですが、お許しを‥。

c0188261_0173783.jpg
午前中の明るい日差しの中、撮影してみました。実際の建て方もこうなので、こんな風に見えるのかな。
2F窓と玄関窓はクリアガラス、1F右側(ゲストルーム)は擦りガラスが良いかなぁ〜、と考え中。
2F腰高部分の外壁はウッドサイディングを予定しているようです。
玄関右側の壁下側にFIX窓が入っているように見えますが、これは東側からの日差しが窓の形で伸びている
ところ。日の傾きによって、移動していくんだろうな〜。美しいかも!
コンセプトとして、右側の箱が「明」、左側の箱が「暗」と、”コントラストを楽しむ空間”があります。

c0188261_131154.jpg
玄関を入ると、東に抜ける窓に向かって狭くなる吹き抜けの土間風フロアが広がります。
床は黒系のタイルを予定。壁もダークな感じでいくかもしれません。
抜けを楽しむ為に、収納が一切設置されていませんが(階段下を収納にしたいところもぐっとガマン!)、
靴を収納する渋いチェストを置きたいなぁ。
右側のゲストルームから東側の居住空間の上部は写真の通り、ガラス張りのようです。
どんな風に光が届くのか、早く体感したい!!

c0188261_13104716.jpg
北側の壁を外してみました。
東側の1Fガラス部分はドアになっていて、外から帰ってきて、左の浴室に向かえば、すぐさまザブン!と
お風呂に入れるようにもなっています。
玄関の上部にあるのが、ワークスペース。すごく暗闇に写っていますが、もっと明るい空間です。
ケンさんの死にかけrhodes pianoを置くスペースを作って頂いたりと、贅沢な広さになっています。
階段側には全面ガラスをはめる予定です。
ちなみに、一番上に小さな小窓が連なっておりますが、FIX窓と開閉窓と交互に配置されています。ダイニングから見上げると、ここからも緑が見えるのかな?楽しみです。

c0188261_131106.jpg
2F南側リビングダイニングスペースです。およそ20畳の空間。天井高は3m以上あるようです。
道路側から林側までを、幅2.7mから4.5mに広がっていくフロア。
視界の抜けが良くなる様に、ベランダ軒を斜めにカットされているのを知って、ケンさんはめちゃくちゃべた褒めしておりました(笑)
右側の出口から階段へ、左側の入口からワークスペースへとつながっています。
現在、写真左側は多目的ルームとして間仕切りのない個室を用意していますが、私達が1番悩んでいるのは、
ここをキッチンにしてしまおうか、というところ。
L字型でもコの字型でも使い勝手の良さそうなキッチンになりそうだけど、一番日当りの良い場所がキッチン?、多目的ルームも捨て難い…と、この悩みは、年明けの打ち合わせまでの宿題となっています。
どっちがいいのか‥‥(悩)

c0188261_13111352.jpg
さて、見えにくいですが、1F南側の居住スペースです。
左から、ゲストルーム、収納&トイレ、主寝室、洗面室&浴室となっています。
こちら向きにある収納は外部収納となっていて、駐車スペースからのアクセスとなります。
主寝室と洗面室&浴室は、ワンルームっぽく行き来する事ができます。仕切りの壁もガラスの予定。
湿気対策などもうちょっと練らなくてはと思いますが、東側の緑を楽しむ一体化した作りになっているので、ぜひ実現するといいな。


延べ床面積は前プランより10坪も縮小となりましたが、シンプルで無駄なスペースがない分、各部屋はそれほど広さが変わっていない気がします。
その上、縮小となった分、予定建築費がぐーーんと下がりましたし、私達としては嬉しい限り!
昨日も書いたけど、「シンプルでエレガント」に建ち上がりそうなこの家が今はとても楽しみです。
行ったり来たりを繰り返し、私達も矢作さんも随分と悩んだ時期もありましたが、このプランを軸に
ここからサクサクーッと特急で進んでいけるよう、頑張ります!

矢作さん、河原さん、来年もまた引き続きよろしくお願いします!
[PR]
by fumi-toco | 2010-12-27 23:00 | ウチヅクリ / 基本設計中

2010年 12月 26日
新プラン!
c0188261_2242376.jpg

仕事がドっと立て込んでしまい、あまりにも長い間更新のタイミングを逃し、復帰しづらくなってしまいましたが、本日、担当の河原さんから新プランの模型と図面を頂きましたので、建築ブログを再開です!

新プラン!という言葉にとても驚かれる方も多いかと思います‥‥。
実は、これまでのプランを、RC+鉄筋の混構造から木造に変更した事により、構造部材が追加必須ということで、目立つ柱が増え、2階窓側や部屋の両脇にT字壁が入ってしまったり、1階回廊にも壁が入ったりと、この案の持つコンセプトから大きく外れてきてしまったのです。
矢作さんも私達も悩みに悩みましたが、良い部分をいかせない木造案ではやはりお互いしっくりくることが出来ず、とても残念だけれど、やはり見合わせた方が良いのではないかという結果に落ち着きました。

これまでの案が大好きだっただけに、大幅に変身してしまう事に躊躇してしまわないかと不安もありましたが、10月に新プラン(しかも3案も!)を練って下さいまして、その中のB案が前プランの構成にとても近い事と、現在住んでいるサンカク邸に似ている部分(室内)もあり、とても暮らし易いのではないか、という事で今日までこの案を進化して頂いておりました。

とにもかくにも、矢作さんには、何度も何度も頭を悩ませてしまい、こちらとしましても大変申し訳ない気持ちで一杯です。本当に世話のやける施主でごめんなさい!

ですがですが、今回の新プラン、前プランの興奮と感動を超えるくらい、非常にワクワクする案なんです!
シンプル且つエレガントな佇まいです(笑)

では、新プランの内容を‥。
詳細は近々にまとめようと思いますので、今日の所は大まかに。

c0188261_1444886.jpg

こちらは道路側から俯瞰したところ。
構造ですが、北側(写真の左側)の構造と南側(写真の右側)の構造の2つの構成で分かれます。北側は重量鉄骨、南側は軽量鉄骨という、鉄骨造という事になるとの事です。鉄骨という言葉にビックリしましたが、使用する鉄骨総重量が8t位という事で予算内に収まるとの事でした。すごい!!
2つの構成を繋ぐ中央の壁は、室内を斜めに走る壁となっています。遠近法を楽しむ空間として、とても魅力を感じました。

c0188261_2215775.jpg

こちらは林のある東側から見たところ。
2F東側窓の間口が4.3mと広い事と、天井高が3.2mと高い為、階段から上がった時の開放感がすごく気持ち良さそうです。バルコニーも前プランを活かして頂き本当に嬉しい限り。どんどん好きになり、完成が本当に楽しみになってきました。

内部については、また近々お伝えします!


忙しく凹み気味な年末に、一番の楽しみがやってきて模型と図面にニヤニヤしながらの年越しとなりそうです。
本当に長い道のりでしたが、基本設計はこれが本当にラスト!
これまでの案のアイデアがちょっとづつ垣間見れたりして、集大成となった気がしています。
矢作さん&河原さんには、本当に感謝しなくては…です!
[PR]
by fumi-toco | 2010-12-26 22:05 | ウチヅクリ / 基本設計中