2013年 04月 07日
玄関土間空間
c0188261_17545574.jpg
いよいよ玄関土間の杉板に塗装がされました。
外壁の焼杉のように、光の具合によって黒に見えたりグレーに見えたりと毎日いろんな表情をみせてくれそうです。
とっても気に入っています!
実はこの色に落ち着く前に、いくつか塗装の見本を作っていただき、これと決めた色で2Fのワークルームだけ一度塗っていただいたのですが、全体を見渡してみると思いの外赤みの多い色となった為、もう一度塗り替えをしていただいたという・・・職人泣かせの施主でございましたが、おかげさまですごく良い色味になり感謝の気持ちでいっぱいです。

ここに立っていると、当初プレゼンの時にお話にあった外部のような空間も感じる事ができます。
まるで、杉板張りの2軒の住宅に挟まれた小道に立っているかのような!
街灯のようなランプも壁付けに設置する予定だし、色々とインテリアも楽しみです。

c0188261_17551367.jpg
そして、2Fワークルーム。
こちらは2Fだけに黒めの塗装に挟まれていても明るい室内です。
自然素材の壁はやっぱり場所場所で表情が楽しくて温もりもあって、最後までこだわり抜いて本当に良かった!
大きなFIX窓も本当に贅沢だなぁーと我ながら感心。

LDKや洗面室などもキッチンや家具などが設置され、着々とおうちらしくなってきました。
今月末の竣工を目指して、もう一踏ん張りです!
[PR]
# by fumi-toco | 2013-04-07 18:39 | ウチヅクリ

2013年 03月 11日
ウッドサイディング!!
c0188261_23513394.jpg
久しぶりにウチを見に行った夫。撮った写真が凄くてビックリ。めちゃめちゃ進んでるー!
玄関の扉も届き、サッシも取り付け始めていました。
そしてそして、本日の目玉となったのは…
土間スペースの壁!スギ板が貼られてる!!!外部の様なサイディングが圧巻です!!
階段と壁の設置面も隙間無く計算されて貼られていて、とても丁寧な仕事だった!と、夫がとっても感動しておりました。さすが、完璧な施工です!
室内に入った写真を見てみると、主寝室やゲストルームの壁もクロスが貼られる一歩手前まで仕上げられていて、部屋らしく様変わりしていました。
階段の手摺も取り付けられてた!

c0188261_23515221.jpg
今はまだ無垢状態の杉板ですが、外壁と合わせて塗装する予定です。いくつかサンプルを頂いて色は吟味したいな!
ちなみに階段の塗装はオフホワイトとなります。
写真の壁にウォールランプ用の電源ケーブルが出ていますが、ここ含め3箇所にルイスポールセン AJ-Wall を取り付ける予定です。

c0188261_2352615.jpg
二階ワークルームから見た所。
全面強化ガラスもとても綺麗な納まりで設置されておりました。これは相当重かったに違いない…。
それにしても、杉板張りが効いていますね。スッと奥の緑に視線を通すさりげない演出がなされるのかと思うと、とてもワクワクしたのと同時に、あまりの素晴らしさに涙が出そうになりました。
二階のLDKも内部の壁がほぼ全て貼られ、とても素敵な感じになってきました。
大工さんとお話した夫は、そろそろ大工工事は終わりと伝えられたそうで少し寂しくなった模様。
皆さんの手を借りて完成に一歩一歩近づくウチヅクリ。本当に感謝で目頭が熱くなります。。。
内装工事に移行するとなると、いよいよ本格的に施主支給品を手配しなければ!!
とうとう来月竣工!と言えるところまできました!
[PR]
# by fumi-toco | 2013-03-11 13:17 | ウチヅクリ

2013年 02月 17日
焼杉が貼られた!
c0188261_23391346.jpg
久しぶりに夫がウチを見に行った所、携帯に「外壁が貼られてる、カッコいい」というメッセージが来た。
うん、とってもカッコいい!
外壁に選んだのは、炭付の焼杉になります。
杉板を焼いて表面を炭化させる事で耐候性・耐久性を向上させる昔ながらの建材です。
実は、最初の見積りでは撃沈していたこの焼杉。どうしてもこの素材で外壁を貼りたいと夫が安価で探してきたものです。
相決加工で釘打ちが必要ですが、普通の釘だと目立ってしまいます。そこで担当の柏木さんが折角だからと色と大さきも焼杉にピッタリマッチする専用の釘を探して下さいました。施工もとても丁寧で、おかげさまで大変綺麗に貼って頂き大満足です!!

c0188261_23402613.jpg
火事にあった?と言われそうな素材でもありますが、その荒々しいテクスチャが本当に良い味を出しています。
光りのあたり方で銀色に輝きが出たりマットな黒色になったりと不思議な見え方をしてくれます。
無塗装の為、表面を触ると炭がすぐ付くくらいなので、恐らく数年の内に台風とかの影響で炭の剥がれが起こると思いますが、それも自然なエイジングという事で良しとしよう!
数年に一度メンテナンスをするなど、この綺麗なテクスチャを長く維持していきたいな。

c0188261_23411314.jpg
それと、フローリングも貼られておりました!
写真は2階LDKのフロアに貼られた幅190mmのヨーロピアンオークです。
細長い形状のフロアなので、あえて幅の太いものをチョイスしました。
しかも節ありなので、最初は暴れ過ぎな感じかなと不安でしたが、古木のような野趣あふれるワイルドな感じが良い味を出していてカッコいい!!
節の入り方もバランス良く配置して頂いて嬉しい限りです。引き続きよろしくお願いいたします!

この作業が一段落すると、天井を張るそうです。ますます家らしくなりますよ、と嬉しい言葉も頂きました。いよいよ内装に移行していく段階に入りつつあります。
日々変化する現場。山場です!!
[PR]
# by fumi-toco | 2013-02-17 20:02 | ウチヅクリ

2013年 01月 27日
窓がさらにはまってきました
c0188261_16162794.jpg
おおよそサッシが入りました。こちらの写真は西側キッチンの窓。3枚の引き違いの窓ガラスが入ります。腰高の壁を吹かしてサッシと構造壁との隙間を確保するとの事。そうする事で3枚の窓全てにカーテンが付けられるので、構造壁を家具のようにも見立てられるし、そもそもお掃除もし易くて嬉しい限りです。
そう言えば、腰越漁協の横を通っていたらハンターダグラスギャラリーあったので、見積りだけでもお願いしようかな。それにしても、何で漁協にあるんだろう…。Silhouette(シルエット)が入れられるといいのだけど、撃沈しそうでこわい。

c0188261_16185039.jpg
一階にも綺麗にサッシが入っていましたが、同時に主寝室に床の下地材が貼られて部屋らしくなってきました。
部屋自体ちょっと暗い感じですが、白壁になった時はもう少し明るくなるんじゃないかな。

c0188261_1626269.jpg階段越しに見える、土間から庭に出るためのドアも設置されています。かなり開閉が軽くて良い感じです。ドアノブはいつも矢作さんの物件で使われているものに変更頂けるとの事です。

c0188261_16265757.jpg
2階のスリット窓もバッチリ入ってる!それにしても仕事が早くて驚きます。白い壁になった時の光の屈折でかなり明るくなりそう。今週もどんな変化を見せてくれるのかを楽しみに、一週間がんばろ!
[PR]
# by fumi-toco | 2013-01-27 19:02 | ウチヅクリ

2013年 01月 26日
サッシが来た
c0188261_11592930.jpg
先週の土曜から久しぶりに見てみたら、サッシが来てました!!!
少し先だと思ってたから、もの凄く感激!
この日は、夫が柏木さんと待ち合わせて細かな所を打ち合わせ。
丁度、電気の職人さんも工事をされていたところだったのでタイミング良かったようで。

c0188261_11535859.jpg土間から洗面脱衣室と浴室を覗いた所。
手前の洗面脱衣室の腰高壁に片持ちの洗面収納が取り付けられる予定です。
全面窓ガラスで洗面鏡は?と思われそうですが、色々練りに練って普段は鏡のないスッキリとした空間にしました。
写真左手前にある構造壁にキャビネットを設置して、その扉に鏡を取り付ける予定です。


c0188261_11541248.jpg外からも。
奥の浴室はFIX窓となって全面に大きなガラスがはめられていました!
ここで目線的な問題が2つ。
1つ目は、写真の左側奥にお隣の玄関があって、結構洗面脱衣室から見えてしまっているという事。
フェンスは予算の都合で見合わせていたので、ここの目隠しを植栽で考えてたけど、これほど見えてしまってはまずいので、再考が必要かも。
2つ目は、浴室から見える左下側にあるちょっと離れた住宅からの目隠しを植栽で行う事。
5月から11月まではヤマイチジクの緑で被われるため問題ないのですが、冬の時期の落葉で見えてしまう部分を常緑樹で解消しなくては!と検討中。

c0188261_12424614.jpgLDKのスリット窓用サッシ。
下半分が滑り出し、上半分がFIXのスリット。
一階は下半分がFIX、上半分がジャロジーとなります。

c0188261_1243399.jpg
ワークスペースのFIX窓用サッシに‥‥

この想像以上におっきなサッシは‥
c0188261_12431925.jpg
キッチンシンク前の大窓用サッシ。
人の背丈程あり、実際目にするとあまりの大きさに怯んでしまった‥。
3枚引き違いの窓となります。

c0188261_12433875.jpg
電気屋さんと大工さんが天井工事を行っておりました。天井にはスタイロフォームの断熱材が貼られ、天井下地材が放射状に伸びています。

c0188261_12435923.jpg
天井埋め込み式のエアコンも設置されておりました。梁の関係で、思ったより中心より西側のキッチン寄りの設置となってしまった様で、ダイニングテーブルに掛かるライト用のレールも幅を短くする事で解決しました。
エアコンの先に天井下地材が無い部分があると思いますが、この辺りにライト用レールが埋め込まれる予定。


c0188261_12441654.jpg

リビング南側に繋がる壁にも断熱材が入りました。「ACLEAR NEXT」ってなんだろ、と調べてみると、施工がとてもし易そうで、かつ断熱と防湿の両方を同時に施工出来るみたい。
何より省エネルギー対策等級4に対応するとの事。これは住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく評価方法基準5-1省エネルギー対策等級に定められている等級4の基準であり、住宅を断熱材で包み込むことにより、従来よりも高い水準の断熱性を実現するためのものになります。色々と考えられていて有り難い限りです。

柏木さんとはこの他に、各部屋の扉に付ける表示錠や間仕切り錠の箇所、インターフォン玄関子機用カバーのデザイン確認、二階ベランダ用の手摺デザイン、ランドリーハンガーの有無を打ち合わせて終了となりました。
とても早い工事の進み具合にブログ更新が追いついて行けるか心配ですが、頑張って頂いている職人さんに負けないようにしなければ!
[PR]
# by fumi-toco | 2013-01-26 17:30 | ウチヅクリ