2009年 11月 01日
MJの余韻
c0188261_21135155.jpg
「THIS IS IT」観てきました。
とにかく素晴らしかったです。
何をどう書いていいのか、上手く言葉にできません。
最初から最後までドキドキしっぱなしで、胸が苦しくてせつなかったー。
彼の音楽はもちろん、ステージに全身全霊を捧げる姿に強く心が動かされました。

ケンさんは、1度マイケルと仕事(正確にはマイケルの声と?)したことがあります。
その頃彼のヘッドフォンからは、マイケルの録りたてホヤホヤの「フゥ〜!」とか「ポゥ〜!」とかはもちろんセリフまでと、彼の生声が聴こえてきてて、私は聞き耳をたててたんですよね。
それはマイケルの息づかいまで感じられるとにかくスペシャルな音声で、今となってはそんな仕事に関われたこと、誇りに思っているでしょう。
私はというと、何度か演奏をお願いしたミュージシャンが、今回のフィルムでマイケルのバックミュージシャンとして映し出されていて、実際ツアーにもまわる予定だったことを知り、それには驚いたけど、でも、そんな事でも誇らしく思えました。
友達の友達…、みたいな感じで(笑)

マイケルが残して逝ってしまったこのライブフィルムの余韻にしばらく浸ってしまいそうです。
うちに帰ってからも、思い出すと泣けて泣けて‥。
あと数回は観たいし、できれば手元に残したい‥。

素晴らしい音楽、ダンス、夢をくれてありがとう、MJ!!
[PR]
by fumi-toco | 2009-11-01 21:16 | すきなもの

<< フェンスの向こう側 旅のしめくくり in Amst... >>