人気ブログランキング |
2012年 07月 24日
減額中だというのに
頭を悩ませる問題がここ1ヶ月で2つ発生。

1つはこの記事でも書いたエアコン。
エアコンなしも考えたけど、グーッと暑くなった日にポッキリ心が折れ、結局すぐさま電気店へ向かったのでした……。
新居寝室で使う事を前提に購入しましたが、これを持ってあと2回引っ越しをするかと思うと気が重いぃ…。
購入したのはダイキンの「うるるとさらら」。
加湿と換気ができるところに惹かれて即決でした。
今時のエアコンは積算電気代なんかも表記されるんですねー。
只今21日目で1300円程。
私はほぼ1日中家にいるので、終始「快適エコ自動」ってのをつけているけど、これはやはり安いのでは?!


そして、もう1つの問題が厄介。
庭の崖地に原生していた15m程のタブの木を伐採しなくてはならないという事実……。
昨年9月の台風でダメージを受け処置を施していましたが、この春の爆弾低気圧や先月の台風により、更に悪化してしまいました。
先月の台風でこの大木上部の結構太めの枝がポキッと折れてしまったので、それを伐採してもらおうと地元の造園屋さんを呼んだのがきっかけ。

業「上部の枝はそれほど問題じゃないですよ。それよりこの根元の裂け目の方が深刻です。」
業「半年や1年は全然持ちますが、今後の事を考えると切った方が良いでしょう。下に民家もありますし。」
業「ただ問題は伐採方法。崖の下からとなるので結構難しい作業となって金額も高額になるかも…。」
ガーーーン。。。
私「あの、家を建て替える計画があるので、どうせならそのタイミングはどうでしょう‥‥?」
業「あ!そうなんですか!!家側に倒しながら切る事ができれば金額もかなり落ちますし、こちらとしても作業しやすいので、そのタイミングがベストです!逆に更地になってしまった時に台風なんかが来て、この木がもろに強風を受ける方が心配です。」

造園屋さんが言われている事はごもっともな内容ばかりで、以外とすんなり「宜しくお願いします」が言えた。「何はともあれ切った方が良いです。見積り書も準備できますので」と帰宅なさろうとしたので、
「あの、景観はやっぱり変わりますよね?」と訊いたら、ちょっと同情したような顔で
「えぇ、景観はかなり変わります…。あと家側に倒すとなると、この木の手前の木々も伐採するかもしれないです‥‥‥。」
本当に本当にショックだったけど、下には民家があるし何か起こってからでは遅い。
新しい何かを植えればいいのだし、空が広くなって日差しも更に入るようになるし!とポジティブに考える事にしました。


c0188261_11173596.jpg1Fからの眺め。
この左上奥の景色がすっぽりなくなります。
あまりにしょんぼりしているので、造園屋さんが優しく「でもこちら側のタブの木(写真右)が左側の分までグングン成長しますよ。タブの木は成長が速いので、日が当たるようになった左側に伸びて行くでしょう」と慰めてくれました。

こちらは2Fからの眺め。
c0188261_1121345.jpg
左側のボリュームがガクッと減ると思います。

ちなみに、こちらは上写真の右側からつながる景色。
c0188261_11293564.jpg


そして、先日見積りが上がってきました。
その額、20万!!高い!
でも良く読むと、最後に「本件は直下のお宅に危険な樹木と見られ、市の「防災助成金」の申請が効くと思います。上記見積りであれば最大の10万支援を受けられます」と書いてあった。
かなり助かる!!

ただ、何百年も原生してきたタブの木には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ…。
by fumi-toco | 2012-07-24 23:00 | ウチヅクリ / 減額中

<< 施主支給 駆込み寺的に >>